鼻毛の森 - 社会にあるだけの中の一つ 歌詞

   喜歡TA嗎,留下點評論吧!

作詞:橋詰晋也
作曲:橋詰晋也
ひとりといえばひとりになるけど
特別だとも言えないんだ

違いもあるにはあるのだけれど
むしろ誤差の範囲内だね

それぞれな花も
だいたい束で売られるように
それなりの枠の中で
だいたい収まる僕らだから

変わらないよ 君じゃなくても
同じような 人はいるから
構わないよ どうせ僕らは
社会にあるだけの中の一つ

いるにこしたことはないのだけど
いないよりましなくらいだね

いるというならいてもいいだけど
かけがえがないほどじゃないかな

違いを求めて
結局誰かと被るように
限られた 価値の中で
だいたい足並み揃えてるから

変われないよ むしろ変われば
他にすれば 目に余るから
飼われたいよ 楽な場所なら
僕らは囲われるかごの小鳥

つまらないよ それが僕なら
未来も限られるたかが一人
同じような 穴のムジナさ社会に守られたただの一人




鼻毛の森的話題


昵稱:

+ 查看 鼻毛の森 所有的歌詞

- 鼻毛の森 - 社会にあるだけの中の一つ 歌詞

歌詞検索  

艺人 / 歌名 / 歌词:
  

虾米网MP3 試聽


連接蝦米音樂中...

» 本站上的鼻毛の森-社会にあるだけの中の一つ下載鼻毛の森- 社会にあるだけの中の一つ試聽均來自於互聯網上其他網站(如:蝦米網,迅雷下載等),本站並不提供鼻毛の森-社会にあるだけの中の一つ歌曲文件的下載。

 鼻毛の森 社会にあるだけの中の一つ 視頻